MEZZO"(四葉環(KENN)/逢坂壮五(阿部敦)) 雨 歌詞

MEZZO"(四葉環(KENN)/逢坂壮五(阿部敦))の「雨」歌詞ページ。
「雨」は、作詞:Shogo、作曲:Shogo/早川博隆です。

「雨」歌詞

歌:MEZZO"(四葉環(KENN)/逢坂壮五(阿部敦))

作詞:Shogo

作曲:Shogo/早川博隆

急に暗い雲が空を覆ってく
天気予報なんてアテにならない
予想なんて出来ないものがある
それは それは 恋の雨

rain of love…
rain of love…

振り出した雨 渇ききってる
心 潤していくよ
突然過ぎた恋のシャワーに為すすべもない
何故 あの日あの時あのベンチで
巡り会えたかなんて
運命以外 表す言葉
僕の中にありはしないよ

Ah こんなにも近くにいても
遠く感じてしまうから
無謀なんて知ってる 頭では分かってる
でも止められない (Can't stop falling love)

この土砂降りの雨に傘なんて
余計に恋に溺れてくから
一秒だって構わないって 君に会いたくて
全て捨てて駆け出すよ
もう二度と太陽の光さえ
浴びなくていいと思えるほど
強がりだって分かってたって降り続いてる
雨は止むことを忘れてしまったかのようで

心地良ささえ 感じ始めた
雨音に耳を寄せて
君の街にも降っていること 願う夕立

Ah 独り占めしたい思いが
雨を降らせてしまうなら
悪いことと知ってる 罰を受けることさえ
覚悟してる (Love you forever)

雲に溜まる粒に想い馳せて
無数に降り雨に代わるから
愛してるって 伝えてもっと
君の手に触れて 乾くたびに強くなる
いたずらに加速する勢いは
もう僕にも止められないけど
せめて君が眠る頃は
優しくなって 夢の中までも包んで

気の済むまで 降った雨はやがて乾いて
この胸の熱を 上げてはまた降り出す 街中に

この土砂降りの雨に傘なんて
余計に恋に溺れてくから
一秒だって構わないって 君に会いたくて
全て捨てて駆け出すよ
もう二度と太陽の光さえ
浴びなくていいと思えるほど
強がりだって分かってたって降り続いてる
雨は止むことを忘れてしまったかのようで

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が74曲収録されています。

(森高千里)

(三善英史)

(Kis-My-Ft2)

(童謡・唱歌)

(MEZZO”)

(安全地帯)

(V6)

(藤田麻衣子)

(Suchmos)

(青葉市子)

「雨」で検索する

MEZZO"(四葉環(KENN)/逢坂壮五(阿部敦))の人気歌詞

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net