亜咲花 光と影のラプラス 歌詞

亜咲花の「光と影のラプラス」歌詞ページ。
「光と影のラプラス」は、作詞:志倉千代丸、作曲:志倉千代丸です。

「光と影のラプラス」歌詞

歌:亜咲花

作詞:志倉千代丸

作曲:志倉千代丸

数年 数秒先でも 未来世界は無限じゃなくて
事象はまた次の事象へ 不偏連続 決まりきった明日

きっと人は誰もが 自分を演じているよね?
不都合なんて 押し殺して
曖昧なる動機は 不完全の調和を生み
悲しみも 喜びも 光と影のラプラス

何光年もの 距離を越え繋がる
満天の星空の 眩しさが
綺麗だって伝える 僅かなる感情
その瞬間に何かが 動き始める

心の 痛みひとつふたつ 誰もが抱えている じゃなくて
唯一の解決手段は 「時が経つまで」 本当にそうかな

遠回りなセリフや 不意に消える笑顔の奥に
意味は無いなんて そんなハズない
気付かないふりをして 全ての合図から逃げ出す
すれ違い 繰り返す 光と影のラプラス───

無数の価値観 気まぐれな感情
意識は 無意識を超えられず
互いに引き合い 加速するドラマに
描かれる真実 覚悟は出来てる

何光年もの 距離を越え繋がる
満天の星空の 眩しさが
綺麗だって伝える 僅かなる感情
その瞬間に何かが 動き始める

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

亜咲花の人気歌詞

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net