石橋美彩 細うで一代記 歌詞

石橋美彩の「細うで一代記」歌詞ページ。
「細うで一代記」は、作詞:万城たかし、作曲:岡千秋です。

「細うで一代記」歌詞

歌:石橋美彩

作詞:万城たかし

作曲:岡千秋

女伊達らに 地下足袋はいて
泥んこまみれで 砂を噛む
欲をかいたら 人まで逃げる
無欲無心で 今日がある
細うで一代 胸で泣く

雨はいのちの 水でもあるが
時には家業の 邪魔になる
好いた惚れたの 色恋などは
遠いむかしの 枯れ尾花
細うで一代 夢舞台

お腹痛めた 乳のみ子抱いて
片親ぐらしの 詫びをいう
時代(とき)の流れは この世のさだめ
あとはこの子に たくします
細うで一代 女ゆえ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

石橋美彩の人気歌詞

人気の新着歌詞

Two as One

Kis-My-Ft2

Tell me now 足早に過ぎる時間に振り回さ...

UTSUROI

東方神起

僕らがここまで歩いてきた道はいつまでも未来へ向かう...

Way You Are

松下洸平

It's alright僕たちの生きる術は単純...

Always You

milet

It's always you, always you...

CROSSOVER ROTATION

IDOLiSH7 & TRIGGER & Re:vale & ZOOL

クールと笑顔のギャップ パーフェクトで頭脳明晰ずる...

HELLO HELLO HELLO

藍井エイル

何気なくふと見えるその優しさは嘘かほんとか考える暇...

Night Driving

THRIVE

儚げなYour smile誰のせい? I don't ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net