港カヲル 東京午前3時 歌詞

港カヲルの「東京午前3時」歌詞ページ。
「東京午前3時」は、作詞:松尾スズキ、作曲:伊藤ヨタロウです。

「東京午前3時」歌詞

歌:港カヲル

作詞:松尾スズキ

作曲:伊藤ヨタロウ

その日は飢えたように 飲み足りなかった
行きつけの店は、女で満員
全員歯が抜けた口で笑っていたからパスだ
路地を曲がった一角に 工事中の黄色いランプで
小さなバーが光り輝いていて
俺は、蛾みたいに吸い寄せられていった

なにかないか!?
なにかないかと!
東京午前2時

俺はあるバンドの MCをやっている
その日のライブじゃあ ギャグのオチを間違えた
にもかかわらず 客は笑っていた 逆に傷つくぜ
天使みたいな顔をしたおっさんの隣に座って
俺は同じギャグを耳元で囁いてみた
おっさんは、真顔になり、大量にゲロを吐いた

これは滑ったのか!
まさか受けすぎたのか!
東京午前2時半

気がつくと俺はおっさんの肩を担ぎ
夜の中目黒を歩いていた
おっさんは打ち明けた あんたのこと知ってるよと
下町ロケット毎週見てたよ おいおっさんそれは
立川談春のことを言ってんじゃねえか!?
おっさんは天使みたいな顔で、眠りについた

電信柱の陰に、賢そうな猫がいた
俺を知ってるか 皆川猿時だ
猫は答えず 風に吹かれて飛んだ
なぜならそれは、コンビニ袋だったから
目が悪いんだ 意外と目が悪いんだ俺は
遠くに吉野家の灯りが見える
自問自答の隙もなく
俺は、夜を走る
俺の名前を知ってるか
俺の名前を知ってるか
東京午前3時

で、何食ったと思う?
意外と、チーズカレー

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net