The cold tommy リュカの黒髪 歌詞

The cold tommyの「リュカの黒髪」歌詞ページ。
「リュカの黒髪」は、作詞:研井文陽、作曲:The cold tommy。

リュカの黒髪 歌詞

歌:The cold tommy

作詞:研井文陽

作曲:The cold tommy

さあ 理解不能
寂しさとか 言葉にしたら
君の嫌う あの安っぽい事と
同じになってしまうよ
この夜に 繰り返し
扉 開けた 被害者ヅラしても
明日 会えるなら
僕は 何もいらないって思った

視界がぼやけてく
長い前髪が 目の前をちらついて
穏やかな顔になった
君のあの日 思い出してた
手にサビがついた
目をこすって 涙が出たら
あれ 誰もいないや
目の前は アスファルト
青い空

こんな空想
不愉快だ いらない
今 君がわらう
目をそらしてしまう
作り物みたいな シーンが
頭の中でキラキラ
それだけが綺麗で
ああ 僕は だらしない

さあ リュカは今 幸せ
思いはじめた時に
チグハグな体温が
酸化したニッケルみたい
すれ違う車が 舌打ちに変わる時に
思い出した 君のこと
そして 悲しくなる

こんな空想
不愉快だ いらない
また 君がわらう
手を離してしまう
強い日射しが 何故か
それに関係ないくらいに キラキラ
それだけが綺麗で
ああ 僕は だらしない

さあ リュカは今 幸せ
息を切らした時に
チグハグな体温が 鉄の街の上
ぐちゃぐちゃに 絡んだコード
わかり合いたくない気持ちは
情けなく 何処へ行くの
また アスファルト
青い空

こんな空想
不愉快だ いらない
今 君がわらう
目をそらしてしまう
作り物みたいな シーンが
頭の中でキラキラ
それだけが綺麗で
ああ 僕は だらしない

さあ 理解不能
寂しさとか 言葉にしたら
君の嫌う あの安っぽい事と
同じになってしまうよ
この夜に 繰り返し
扉 開けた 被害者ヅラしても
明日会えるなら
僕は 何もいらないって思った

文字:
   
位置:
 

リュカの黒髪の収録CD,楽譜,DVD

The cold tommyの人気歌詞

人気の新着歌詞

香水

香水

瑛人

夜中にいきなりさ いつ空いてるのってLINE君とは...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし)

感電

米津玄師

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明回り回って虚し...

赤の同盟

赤の同盟

東京事変

ええい何が起きても結構どんな騒ぎへもてんで乗じませ...

かつて天才だった俺たちへ (ラジオ盤) (特典なし)

かつて天才だった俺たちへ

Creepy Nuts

苦手だとか 怖いとか 気づかなければ俺だってボール...

夜に駆ける

夜に駆ける

YOASOBI

沈むように溶けてゆくように二人だけの空が広がる夜に...

P.S. I love you(通常盤)

P.S. I love you

宮本浩次

ああ 愛してるぜきみを P.S. I love you...

Time Warp(初回限定盤)(DVD付)(特典ナシ)

Time Warp

Perfume

少年だった頃の再現できないもの完璧な 初め...

ENDLESS SUMMER(CD)(通常盤)

ENDLESS SUMMER

Kis-My-Ft2

Summer timeEverybody righ...

群青

YOASOBI

嗚呼、いつもの様に過ぎる日々にあくびが出るさん...

TOO BLUE (通常盤) (特典なし)

TOO BLUE

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS

シャーベットブルーの 旅行カバンを倉庫から出したら...

歩いて行こう/花美~はなび~アコースティックバージョン

歩いて行こう

前川清

ラララ 出会いの数 何かがある旅って人生のようだね...

サマーとはキミと私なりっ! ! (通常盤)

サマーとはキミと私なりっ!!

虹のコンキスタドール

ねぇねぇダーリンどれくらいわたしのこと好きですか?...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし)

カムパネルラ

米津玄師

カムパネルラ 夢を見ていた君のあとに 咲いたリンド...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし)

PLACEBO + 野田洋次郎

米津玄師

熱っぽい夢を見てしまって 君のその笑顔で 絆された夕暮...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2020 J-Lyric.net