羊文学 雨 歌詞

羊文学の「雨」歌詞ページ。
「雨」は、作詞:塩塚モエカ、作曲:塩塚モエカです。

「雨」歌詞

歌:羊文学

作詞:塩塚モエカ

作曲:塩塚モエカ

君の生活のことをおもう
雨のにおいがする
体温はずっと下がらないまま
部屋にこもってる
窓から見える
光が揺れてる
雨、雨

君がくれたCDを聴く
何度も繰り返す
スピードはずっと変わらない
まだ部屋にこもってる
夜だけ見える
光が揺れてる
雨、雨


できれば
このまま
わたしに
きづかないで
それでは
またどこかで
あいましょう
さようなら

君の吹いていた口笛が
夢に出てくる夜
悲しみは全部色褪せて
今ドアに手をかける
夜空と見える
光は揺れない
雨、雨

バラバラになって
ぼろぼろになって
またひとつになって
そうして続いてく

びしょ濡れになって
ひとりきりだって
声も出せなくて
それでも続いてく

雨が降りだして
きみをおもう
傘は置いてきた
幾つもの夜を越えてから
また空で会いましょう
雨、雨、
それでは、
そのときまで
さようなら

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が76曲収録されています。

(森高千里)

(三善英史)

(Kis-My-Ft2)

(OCTPATH)

(童謡・唱歌)

(JITTERIN'JINN)

(下成佐登子)

(ケツメイシ)

(安全地帯)

(ONE☆DRAFT)

「雨」で検索する

羊文学の人気歌詞

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net