King Gnu ユーモア 歌詞

King Gnuの「ユーモア」歌詞ページ。
「ユーモア」は、作詞:Daiki Tsuneta、作曲:Daiki Tsunetaです。

「ユーモア」歌詞

歌:King Gnu

作詞:Daiki Tsuneta

作曲:Daiki Tsuneta

ひらりこの夜を踊るんだ
なんだかんだで上手く行く
気がしてきた午前一時

素晴らしきこの世界を
悪あがき、綱渡り
その心、裏腹に胸騒ぎ

長い長い夜を超えて
風通る隙間埋めあって

忘れかけたユーモアが
街の景色に色を落とす

行き当たりばったり彷徨った
夢にまで見た桃源郷は何処

暗くなったら火を灯そう
孤独を分け合えるよ

のらりくらりと踊るんだ
なんだかんだで憂鬱が
影を落とした午前二時

どうしようもないこの世界を
悪あがき、綱渡り
その心、裏腹に胸騒ぎ

呼吸を拒めなくたって
その両足で立って叫んで

得体の知れない欲望が
小さな体を蝕んだ

背伸びしたってアヒルはアヒルか
空の蒼さを眺めているんだ

こんな夜は聞き慣れた
歌でも聞きたいな

きらりこの世を踊るんだ
なんだかんだで上手く行く
気がしている午前三時

素晴らしきこの世界を
悪あがき、綱渡り
その心、裏腹に胸騒ぎ

始まりと終わりはつむじ風
いつだって唐突に揺さぶられ

耐え忍ぶ時は永遠に感じられ
まあそれも今じゃ御一興

ひらりこの夜を踊るんだ
なんだかんだで上手く行く
気がしてきた午前一時

素晴らしきこの世界を
悪あがき、綱渡り
その心、裏腹に胸騒ぎ

のらりくらりと踊るんだ
なんだかんだで憂鬱が
影を落とした午前二時

どうしようもないこの世界を
悪あがき、綱渡り
その心、裏腹に胸騒ぎ

きらりこの世を踊るんだ
なんだかんだで上手く行く
気がしている午前三時

素晴らしきこの世界を
悪あがき、綱渡り
その心、裏腹に胸騒ぎ

長い長い夜を超えて
風通る隙間埋めあって

忘れかけたユーモアが
街の景色に色を落とす

行き当たりばったり彷徨った
夢にまで見た桃源郷は何処

暗くなったら火を灯そう
孤独を分け合えるよ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

ユーモア(ラフィータフィー)

King Gnuの人気歌詞

ユーモアの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

Rosy

SixTONES

ドドド毒にまみれ 感情ミミミ見えなくなる本能獰...

8am

SixTONES

Waking upWaking upTo a ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net