MOROHA 革命 歌詞

MOROHAの「革命」歌詞ページ。
「革命」は、作詞:アフロ、作曲:UKです。

「革命」歌詞

歌:MOROHA

作詞:アフロ

作曲:UK

ごめんな友よ 俺はもう行くよ
居酒屋だけの意気込みじゃゴミだ
お前も本当は気付いてるんだ
素面じゃ語れぬ夢は惨めだ
現実は辛い暗い 時に苦しい
それでも妄想より眩しい
本気を出したらヤバイ俺より
いつだって本気ならお前がヤバイ
汗を千切る 涙ちょん切る
そびえ立つビルに桜散る散る
飲み干すビール 時間が過ぎる
この街で迎えた六度目の春
今年こそ?来年こそ?
何年生きれるつもりで生きてきたんだ
今日が終わる いや今が終わる
そう思えた奴から明日が変わる

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜

ヒップホップもロックもジャンルじゃない
それは魂の名前だ ギターが一本マイクが一本
俺等は俺等の道を行くだけ
俺は生きているって感じていたい
俺はここにいるってわかって欲しい
居場所はいつまでも原点
その点をでかくして行くだけ
悔しさの跡地で笑え
悲しい事さえロマンでうたえ
全ての事がうまく行くよりも劇的じゃねぇか
そっちの方が
一回二回負けた位で折れちまうプライドならもう捨てた
勇気や希望笑わない勇気
それだけが俺らを運ぶぜ

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜

今まで恥ずかしかった事
夢や希望真顔で語った事
今まで恥ずかしかった事
それを痛い寒いと言われた事
今まで恥ずかしかった事
身の程を知れって言われた事
何より恥ずかしかった事
それを恥ずかしいと思った事
馬鹿にされない位に馬鹿になりたいよ
毎日毎晩夢中でやってる
青タンこさえて綴る生活に
誰にも何も言わせやしないと
暇さえあれば種を蒔いて
暇が無くたって水をやった
マイペースじゃ間に合う筈がねぇ
だから癒しやゆとりの逆へ 逆へ
逆境は最高の御馳走さ
並ぶ白い目に頬っぺが落ちそうだ
焦りや葛藤 今日もありがとう
溜息後のヤバイをよこせよ
自信確信ある筈もねぇ だけど いやだからこそ
半信半疑を半殺すのさ
それだけの日々を情熱と呼ぶ

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が9曲収録されています。

革命(andymori)

革命(Tempalay)

革命(Ivy to Fraudulent Game)

革命(福山雅治)

革命(KANA-BOON)

革命(HY)

革命(黒木渚)

革命(宮崎薫)

革命(FLOW)

MOROHAの人気歌詞

革命の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

追いかける夢の先で

Liella!

追いかける夢の先に いつも見てた希望って星が輝いて...

トリッドラヴ

愛島セシル(鳥海浩輔)

(Sunshine)灼熱の太陽 照りつける砂漠(S...

Do the Dive

Call of Artemis

Do the Dive いま Do the Vibe...

左右盲

ヨルシカ

君の右手は頬を突いている僕は左手に温いマグカップ...

栄光の扉

平井大

思いつきみたいな夢笑われた時もあったねそれでも...

雨燦々

King Gnu

選べよ 変わりゆく時代を 割り切れなくともこの瞬間...

ALIVE

ClariS

願った 勇敢な選択の未来を今照らしてく利己...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net