古川慎 夕凪を連れて 歌詞

古川慎の「夕凪を連れて」歌詞ページ。
「夕凪を連れて」は、作詞:古川慎、作曲:伊藤和馬(Arte Refact)です。

「夕凪を連れて」歌詞

歌:古川慎

作詞:古川慎

作曲:伊藤和馬(Arte Refact)

薄汚れた自転車の錆
いつの間にか暦重ねて

見慣れていた街の日暮れが
セピア色に染まってく

刻んできた僕の時計は
止まる事なく進む
振り返れば寂しさの羽
積もる 積もる
いつまでも

過ぎて行った秋空に映る
夕凪を連れて
遠ざかった光は眩しく
僕を置いていく
僕を置いていく

誕生日のホールケーキが
懐かしさに古ぼけていく

新たに灯る蝋燭の意味
こんなにも大きくなった

くたびれたこの部屋に残った
埃被るアルバムが唄う
温かく響くその声を
決して消えないように抱きしめた
いつまでも

移ろいゆく季節に映した
夕凪を連れて
優しい日々は見送ってくれる
僕は歩いてく

優しい日々は見送ってくれる
今を歩いてく
僕は歩いてく

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

古川慎の人気歌詞

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

LOSER

NEWS

立ち上がれ あゝ本当の声で 本当の自分(きみ)で...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net