kemi 夏の糸 歌詞

kemiの「夏の糸」歌詞ページ。
「夏の糸」は、作詞:kemi、作曲:kemiです。

「夏の糸」歌詞

歌:kemi

作詞:kemi

作曲:kemi

息が止まるかのような出会いに
高鳴る鼓動 手繰り寄せる糸
迷わずに手を差し出す君は
私の姿に誰を見たんだろう

一緒に過ごす時間は
見えない壁で遮られ
仮面を被った私で
偽り踊る
君の好きな私を演じて
ひきつる笑顔を隠して
私は何一つ君のことを
知らない

君の隣に寄り添い
見上げた空を彩る
色とりどりの花ノ輪は
儚く開いて消える

胸を締め付けるような毎日
分かり合えることなく過ぎてく

夏の終わりが近づき
離れていく二人の距離
私の名前をよぶ声
残像 幻
出会った屋台の賑わい
吹き抜ける風 懐かしくて
想い出に変わりつつある
ひとつの恋

涙流せど薄れゆく
君と過ごした夏の日
永遠を誓った言ノ葉は
色付く前に散るのね

どうして
あのとき

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

kemiの人気歌詞

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net