Omoinotake 夏の幻 歌詞

Omoinotakeの「夏の幻」歌詞ページ。
「夏の幻」は、作詞:福島智朗、作曲:藤井怜央。

夏の幻 歌詞

歌:Omoinotake

作詞:福島智朗

作曲:藤井怜央

自販機の明かりに 照らされた横顔
もう帰らなきゃって 背伸びした君の
足元 固く結んだコンバース
どうしてか やけに大人っぽく見えた

いつもの一人の 気怠い帰り道が
見たこともないくらい 輝いて映った

並んで歩いた 湖のほとり
夏の風が撫でた 制汗剤の匂い
想いを伝えた僕に 頷いた君は
今にも消えてしまいそうな 蜃気楼みたいで

電話越しの 次はいつ会える
薄暗いこの部屋さえも 眩しくて眠れない

あぁ 君が今どうか 同じ想いでいて
壊れそうな高鳴りに 蒸し暑い夜が更ける
あぁ 消えないで 空に溶けていく花火のように
この胸を焦がす痛みは 夏の幻じゃないと言って

汗ばんだ 僕の手のひらが君に
気づかれてしまうことが怖くて
握れない左手 宙を舞う願い
微熱のアスファルト 溶けた甘い匂い

画面に映る たった4文字が
どんな小説よりも 心を揺らすんだ

あぁ 君が今どうか 同じ想いでいて
壊れそうな高鳴りに 蒸し暑い夜が更ける
あぁ 消えないで 空に溶けていく花火のように
この胸を焦がす痛みは 夏の幻じゃないと言って

消えない余熱に 火照る身体
君がくれた感情は 喉が乾く
窓の外から吹き抜けた 淡い夜の匂い

この先僕はきっと この季節が巡る度に
思い出す この夜と焼き付いた恋の想い
あぁ 消えないで 空に溶けていく花火のように
この胸を焦がす痛みは 夏の幻じゃないと言って

文字:
   
位置:
 

Omoinotakeの人気歌詞

同名の曲が7曲収録されています。

夏の幻(GARNET CROW)

夏の幻(田原俊彦)

夏の幻(ココロオークション)

夏の幻(sacra)

夏の幻(愛内里菜)

夏の幻(クノシンジ)

夏の幻(I WiSH)

人気の新着歌詞

LiSA

さよなら ありがとう 声の限り悲しみよりもっと大事...

うっせぇわ

Ado

正しさとは 愚かさとはそれが何か見せつけてやる...

菅田将暉

泣いていいんだよそんな一言に僕は救われたんだよ...

ドライフラワー

優里

多分、私じゃなくていいね余裕のない二人だったし...

Stand by me, Stand by you.

平井大

今日はキミの寝顔見てから眠るって決めていたのに...

アカシア

BUMP OF CHICKEN

透明よりも綺麗な あの輝きを確かめにいこうそうやっ...

BETTER

TWICE

お互いの夢 追いかけて過ごす日々電話越しの君はいつ...

NEW ERA

SixTONES

走り出そう連れて行こう約束の場所へと《聞き...

NOT FOUND

Sexy Zone

影でなんか言ったって 意味もなんもないだろう無感情...

Do you... ?

Everybody 本日もDancin' Anytim...

三文小説

King Gnu

この世界の誰もが君を忘れ去っても随分老けたねっ...

アイカタ

ベリーグッドマン

お前の隣は俺しか似合わない俺の隣はお前しか似合わな...

五ツ座流星群

放課後クライマックスガールズ

逃さない 渡さない何処の誰にだってかしましい ...

君の彼氏になりたい。

Snow Man

大好きだけど大好きだとは自分からは言わないね。...

SticK Out

KOTOKO

unlimited war oh…unbodied...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2020 J-Lyric.net