空白ごっこ 雨 歌詞

空白ごっこの「雨」歌詞ページ。
「雨」は、作詞:セツコ、作曲:針原翼です。

「雨」歌詞

歌:空白ごっこ

作詞:セツコ

作曲:針原翼

6月 雨降り 包み込んだ体温に目をつむる
ああ 見失っていた 遠ざかっていた 今日もまた

わたしが壊したものたちを 数え終える日は来ないでしょう
食べ残した罰が転結あたりで殴った 殴った
死んだ魚の目のフリは いかにも得意なんです
なんて ひどいね ごめんね

声が 声が 堰を切ってわたしを鮮明に
色付けんだ 曝け出したって そこにあなたがいるか保証ない
ねえ怖いな 怖いな 引き止めていたはずの感情
止まらなくなったならば もう バイバイです

霞んでいっちゃうあなたに やさしくありたいだけなの
薄めてしまったおもいに やさしくなりたいだけなの
6月 遣らず雨 お構いなしね 帰らないでよ

あなたが愛した世界も いつか壊れてしまうのよ
サナトリウム閑静 汚点際立つし弱った 困った
貧相顔の身のフリは いかにも不得手なんです
なんて うるさいね ごめんね

声が 声が 喉を切ってわたしの全身 晒しだすんだ
隠したいんだって 奥のピュアな期待は疲れたよ
もう来ないで 来ないで 消えかかっていたはずの外傷
膿たまってきたならばもう

あのとき言いたかったのは あの日言えずにいたのは
ずっととかそういうの抜きに 疑いも罪も忘れて
甘いコーヒーと苦いトースト 違和感が本物になっていく

声が 声が 苦し紛れ心に気づいて 行かないでよ
となりにいてよって 口に出すにはもう遅かった
ねえ怖いな 怖いな むき出していたはずの反抗
できなくなったなら わたし もう

雨粒 弾いた音に 影だけ重ねて消したい
だめだと わかっていても やわらかい顔をしていたい
あなたが気づかなくても わたしがわたしになれなくても
何でもない

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が70曲収録されています。

(安全地帯)

(森高千里)

(三善英史)

(Kis-My-Ft2)

(童謡・唱歌)

(青葉市子)

(羊文学)

(清竜人)

(MEZZO”)

(クラムボン)

「雨」で検索する

空白ごっこの人気歌詞

雨の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net