鈴木鈴木 313 歌詞

鈴木鈴木の「313」歌詞ページ。
「313」は、作詞:鈴木鈴木、作曲:鈴木鈴木です。

「313」歌詞

歌:鈴木鈴木

作詞:鈴木鈴木

作曲:鈴木鈴木

2017年3月13日に1つになった
その日を境にMIC握る日々
誰がいるかな? 喉乾いて
恐怖と強風に追いやられそうになりながらも踏ん張った
笑顔のステージにしたかったでも目の前は誰もいなかった
神様は優しくなくて誰の心も見えなくて
響かなくて千切れかけて
苦しくてさ 情けなくてさ
見に来てくれたのは家族だけ
帰り際フロアに散らばる 俺たちのチラシ
最初はそりゃ痛いよ 早く慣れたいよ
手早くバッグに 見られたくはない家族に
騒ぐ胃痙攣
「帰りな未成年」

ありがとう ありがとう
もう泣かないよ 大丈夫だよ
ありがとう ありがとう
あの日の夢がもうそこさ
止まれない

お前なら有名になれるよ
そう言ったあいつもういない
でもその言葉だけは今も残り救ってくれる
ありがとう、ありがとう
お前も頑張れよ
もう会うことはないけど
当時の先生
呆れては繰り返し大学進めた
数字も学力もない 夢見がちの青二才
ほんの一握りわずか数パーセントの人間だけが
掴める夢の境地
まともに立つなんて正気じゃねえや

音楽雑誌 何回も読んだよ
曲も作ったよ歌いまくったよ
これならいける必ず集客はできる
でもそんな甘い世界じゃなかった
自尊心も壊れて声も出なくなった
そんなのが何年も続いた

でも今じゃこんなにも
こんなにも大切なファンがいてくれる
馬鹿なりに考えて数字も出してる
だから今みんなのためにも僕らのためにも希望を歌うよ

ありがとう ありがとう
もう泣かないよ 大丈夫だよ
ありがとう ありがとう
あの日の夢がもうそこさ
止まれない

後悔しないように
たった一度切り
二度なんて贅沢はないんだこの人生
自分を信じて良かったって
家族や親友、仲間、側で支えてくれた恋人へ
自信持って言えるその日まで

ありがとう ありがとう
二人だからもう怖くはない
ありがとう ありがとう
あの日の夢を掴むまで

ありがとう ありがとう
もう泣かないよ 大丈夫だよ
ありがとう ありがとう
あの日の夢がもうそこさ
止まれない

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

鈴木鈴木の人気歌詞

人気の新着歌詞

Monopoly

乃木坂46

線路沿いの道を自転車で走って君を乗せた電車を追いか...

映画の趣味が合うだけ

小片リサ

「最近若者が恋しない」ってため息のメディアたっ...

LIT

STAYC

S.T.A.Y.C. GO!Put your ...

あのね

あいみょん

「さよなら」その口癖は誰譲りなの?会うたびに ...

私は、私達は

MORE MORE JUMP!

あぁ 何もない自分が怖くなるほど完璧さってやつにす...

有頂天ラリアット

ビバラッシュ

Put Your スポットライトを浴びてPut Y...

愛さずにはいられない

入野自由

簡単に自分ばっか 裏切れてしまうようなんだ僕たちは...

終結の槍

林原めぐみ

全ての神話さえも人間(ヒト)より生まれた伝承(いの...

死がふたりを分かつまで

PK shampoo

Diary No.23最近は都心に雨が少ないま...

Every Day Every Night

武雷管

特等席でとくと見ろとっくのとうにTOPだろ独自...

):阿修羅:(

King Gnu

この人生たった一度切り発火する脳味噌が相方遊ぶ...

ギフテッド

NEWS

ギフテッド怯えた瞳の奥に答えは潜んでる...

I Wish

なにわ男子

忘れないよ 走り出した夢を乗せて恋焦がれた季節は...

ROOOTS

NEWS

Thank you for waiting奇跡起こ...

Biri-Biri

YOASOBI

「はじめまして」した日からずっと待っていたこの...

ねじまきジミー

花田ゆういちろう、ながたまや(おかあさんといっしょ)

ねじ ねじねじねじ ねじまきジミージミー ねじねじ...

Kissin' Christmas (クリスマスだからじゃない) 2023

桑田佳祐&松任谷由実

道行く人の吐息が星屑に消え気づいたら君がそっと手を...

星の降る日に

aiko

あなたは忘れた頃に優しい知らないあたしを叩き起こす...

愛し生きること

King & Prince

例えばテーブルに添えた綺麗な花も言葉になんてしちゃ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2023 J-Lyric.net