J-JUN with XIA(JUNSU) 六等星 歌詞

J-JUN with XIA(JUNSU)の「六等星」歌詞ページ。
「六等星」は、作詞:花房遊、作曲:Rounoです。

「六等星」歌詞

歌:J-JUN with XIA(JUNSU)

作詞:花房遊

作曲:Rouno

きらり光る 星の美しさに
思わずそっと目を逸らしてしまった
きっと誰も悪くはないのでしょう
理不尽なこの世界 明けない夜

あの人みたいに生きれたらって
何度口にしただろう

誰にも見えない 脆い六等星だったとしても
これが運命だなんて言いたくないんだ
暗闇の中で光れ 誰かを照らせるように
零れそうな 涙を堪えて わたしは生きてる

ふわりそよぐ 風が吹き抜けていく
未だ治らない傷跡を隠した
勝手に決めつける見えないルール
正しさだけじゃうまく 生きられない

声にならない声が叫んだ
このままじゃ終われないと

誰にも奪えない 思い無くしてしまわぬようにと
震えるこの手で強く握りしめた
暗闇の中で光れ 誰かを照らせるように
大丈夫 そう言い聞かせて わたしは生きてる

「らしさ」なんてどこにあるんだろう
今もわからないけど

誰にも見えない 脆いこのわたしが誇れること
それは誰よりも痛みを知っていること
暗闇の中で輝く わたしが光になって
大丈夫 そう言い聞かせて 生きていく 生きていく

きらり光る星は遥か彼方
もうすぐこの夜が明ける

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が2曲収録されています。

六等星(コブクロ)

六等星(LACCO TOWER)

六等星の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net