スピッツ 夏が終わる 歌詞

スピッツの「夏が終わる」歌詞ページ。
「夏が終わる」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗。

夏が終わる 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

遠くまで うろこ雲 続く
彼はもう 涼しげな 襟もとを すりぬける
日に焼けた 鎖骨からこぼれた そのパワーで
変わらずにいられると 信じてた

※またひとつ夏が終わる 音もたてずに
暑すぎた夏が終わる 音もたてずに
深く潜ってたのに※

△遠くまで うろこ雲 続く
彼はもう 涼しげな 襟もとを すりぬける△

キツネみたい 君の目は強くて
彼方の 記憶さえ 楽しそうに つき刺してた
軽い砂を 蹴り上げて走る
濡れた髪が 白いシャツ はずむように たたいてた

(※くり返し)
(△くり返し)

文字:
   
位置:
 



スピッツの人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

夏が終わる(meg)

夏が終わるの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net