スピッツ テレビ 歌詞

スピッツの「テレビ」歌詞ページ。
「テレビ」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗。

テレビ 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

君のベロの上に寝そべって
世界で最後のテレビを見てた
いつもの調子だ わかってるよ
パンは嫌いだった
さびたアンテナによじ昇って
市松模様の小旗を振った
不思議な名前も似合ってるね
失くさないで ずっと

※マントの怪人 叫ぶ夜 耳ふさいでたら
春の風によじれた 君と僕と君と※

去年の秋に君が描いた
油絵もどきを壁に飾った
カボチャとナスは仲良しか
それもいいや だって

(※くり返し)

小舟に乗って 暗闇の外へ
忍者のように そっと近づいて

ブリキのバケツに水をくんで
おなかの大きなママは思った
まぶたを開けてもいいのかな
かまわないさ どうだ

(※くり返し)

文字:
   
位置:
 



スピッツの人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

テレビ(間々田優)

テレビの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net