スピッツ 猫になりたい 歌詞

スピッツの「猫になりたい」歌詞ページ。
「猫になりたい」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗。

猫になりたい 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

灯りを消したまま話を続けたら
ガラスの向こう側で星がひとつ消えた
からまわりしながら通りを駆け抜けて
砕けるその時は君の名前だけ呼ぶよ
広すぎる霊園のそばの このアパートは薄ぐもり
暖かい幻を見てた

※猫になりたい 君の腕の中
寂しい夜が終わるまでここにいたいよ
猫になりたい 言葉ははかない
消えないようにキズつけてあげるよ※

目を閉じて浮かべた密やかな逃げ場所は
シチリアの浜辺の絵ハガキとよく似てた
砂ぼこりにまみれて歩く 街は季節を嫌ってる
つくられた安らぎを捨てて

(※くり返し×2)

文字:
   
位置:
 



スピッツの人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

猫になりたい(つじあやの)

猫になりたいの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net