スピッツ 波のり 歌詞

スピッツの「波のり」歌詞ページ。
「波のり」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗。

波のり

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

僕のペニスケースは人のとはちょっと違うけど
そんなことはもう いいのさ
ピンクのサーフボードで九十九里に沿って飛ぶのさ
君の町まで届くかな

迎えに行くから どうか待ってて僕のこと仔犬みたいに
晴れた日の波のりは愉快だな

枯れ果てたはずの涙も タンクに溢れてるのさ
このままで君はいいのかい?
くたびれたロバにまたがった ビキニの少女がその娘さ
僕の顔 覚えてるかな

迎えに行くから どうか待ってて僕のこと仔犬みたいに
晴れた日の波のりは愉快だな

迎えに行くから どうか待ってて僕のこと仔犬みたいに
ユラユラと カモメ気分さ 晴れた日の波のりは愉快だな

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net