ポルノグラフィティ パレット 歌詞

ポルノグラフィティの「パレット」歌詞ページ。
「パレット」は、作詞:新藤晴一、作曲:AK.HOMMA。

パレット

歌:ポルノグラフィティ 作詞:新藤晴一 作曲:AK.HOMMA

世界 あるいは君が壊れてしまうというなら話は別だが
およそ恋が生まれて消えた まぁそういうところだろう

そんな哀しい事を言わずに そんなブサイクな顔をしないで
できるだけ高い場所で次の風が来るのを待とう

パレットの上の青色じゃとても
描けそうにない この晴れた空を
ただちゃんと見つめていて ありのままがいい

君ひとりじゃ持ち切れないのなら
僕が半分持っていてあげるから
いつか取りにおいで

地球 あるいは明日が消えてしまうと言いたいのだろうか
なぜこんなに暗い詩が あぁ溢れているんだろ

月は決して泣いていないし 鳥は唄を忘れてはいない
変わらずそこにあるものを歪めて見るのは失礼だ

だって知っている言葉はほんのちょっとで
感じれることは それよりも多くて
無理やり 窮屈な服 着せてるみたい

今 永遠の恋などと表現して
新しい恋に出会ったとしたら
君は さぁどうしよう

雨は降り続き 雲に隠れたまま
泣いている月を見つけた鳥は もう
唄うのを止めてしまった

パレットの上の青色じゃとても
描けそうにない この晴れた空を
ただちゃんと見つめていて ありのままがいい

もうメロディに身をまかせてしまえ
足りない言葉を探すのは止めて
ラララ…

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net