BUMP OF CHICKEN リリィ 歌詞

BUMP OF CHICKENの「リリィ」歌詞ページ。
「リリィ」は、作詞:藤原基央、作曲:藤原基央。

リリィ 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:藤原基央

作曲:藤原基央

スポットライトの下 自分を叫び唄った
思う様に伝わらなくて その度にこぼれる弱音を
「今はマズい!」と慌てて その場は巧く隠して
真夜中 鍵かけた部屋 膨れたポケット 裏返すと

ホラ 出てくる弱音の数 1日分 想像つくかい?

ところが君は笑った 幸せそうに笑った
当然 僕は怒った 「真面目に聞けよ!」って怒鳴り散らした
それでも君は笑った 「かわいいヒトね」と言った
叫んでも 唄っても その一言には 勝てる気がしない

低いステージの上 必死で格好つけた
自分もヒトも上手に騙し 夢を見て 夢を見せた
「大言壮語も吐いてやろう」 そういう歌も唄った
心の中 鍵かけた部屋 その歌が ドアを叩き続ける

「出てこいウソツキめ!」と 自分の歌に格好悪く 脅されるんだ

ところが君は笑った 「格好いいよ」と言った
これだけ僕が愚痴っても 僕の目を見て そんな言葉をくれた
「そういうトコロも全部 かわいいヒトね」と言った
ツクっても 気取っても その一言には 全て見られていた

ポケット一杯の弱音を 集めて君に放った
強がりの裏のウソを 放った ぶちまけた

終電を告げる放送 慌てて駆けて行く人
右手に君の左手 もう離さなきゃ……
改札を抜ける時 「最初で最後のヒト」
そんな言葉が浮かんだ 言わないで 行くとしよう

最後に振り返ろう 確かめたいコトがあるんだ

やっぱり君は笑った 別れの傍で笑った
つられて僕も笑った 「また会えるから」って確かめるように
やっぱり僕は唄うよ もう一度叫び唄うよ
今まで一度も使うことのなかった 言葉を混ぜて
スポットライトの下 低いステージの上
改札で言わなかった あの言葉に もう1つ言葉を混ぜて
こう呼ばせてくれないか 「最初で最後の恋人」
この歌が 部屋のドアを叩きに来たって 胸を張れるから

文字:
   
位置:
 



BUMP OF CHICKENの人気歌詞

同名の曲が3曲収録されています。

リリィ(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)

リリィ(CIMBA)

リリィ(沢田知可子)

リリィの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

聖域(通常盤)

聖域

福山雅治

お高いもの お安いもの上品なもの 下品なもの色...

REBORN

REBORN

山下達郎

生きることを教えてくれたあなたを忘れないよかけ...

10% roll, 10% romance (通常盤)

10% roll,10% romance

UNISON SQUARE GARDEN

yes, 1secでコンタクト 2sec そして ch...

明日へ

明日へ

Little Glee Monster

こえるよ 現在をきこえるよ 未来がはじける音と...

「READY TO KISS」通常盤

READY TO KISS

READY TO KISS

好きになってもいいの?もう引き返せないよ君なし...

虹/シンプル<通常盤>

高橋優

人生の良し悪しを裁くルールなんかないのに常識だ格式...

奇跡の人(期間生産限定盤)(DVD付)

奇跡の人

関ジャニ∞

この頃僕ふと思うねんなんや藪から棒やなあちゃん...

Shatter

DOBERMAN INFINITY×AK-69

さぁ行こう We run the streets昼...

ミスターカイト / リチェルカ(通常盤)

ミスターカイト

スキマスイッチ

代わり映えのしない道 いつものように猫背で駅へと向かう...

SHIORI(初回生産限定盤)(DVD付)

SHIORI

ClariS

読みかけのままで閉じたページ挟まれた栞 淡い記憶...

存在照明

近藤晃央

これは始まりか?終わりか?決めるのは誰だ?誰だ?...

Family Song (通常盤)

星野源

外へ 飛び出す時日差しを浴びた君から声が聞こえ...

未定

ダイスキ×じゃない

Pyxis

鏡よ 鏡よ yeahこの世でイチバンは私で間違...

呼吸

菅田将暉

愛する人のために生きるそんなことは 僕はもうやめた...

慕情

慕情

中島みゆき

愛より急ぐものが どこにあったのだろう愛を後回(あ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net