ザ・ピーナッツ うちら祗園の舞妓はん 歌詞

ザ・ピーナッツの「うちら祗園の舞妓はん」歌詞ページ。
「うちら祗園の舞妓はん」は、作詞:池すすむ、作曲:萩原哲晶。

うちら祗園の舞妓はん

歌:ザ・ピーナッツ 作詞:池すすむ 作曲:萩原哲晶

娘ごころを 鹿の子にかくし
京の舞台は 道成寺
好いたお方も 好きだといえぬ
一人舞う夜の 一人舞う夜の紅扇
"うち、もう胸が ジーンとしてしもうて・・・"
(舞妓はん、舞妓はん、うちら祗園の舞妓はん)

想うお方の 逢う瀬を夢に
今宵身をやく 大文字
浮いた稼業も 芸ゆえ清い
一人寝る夜の 一人寝る夜の乱れ髪
"うち、自分で自分が あんまりかわいそうで・・・"
(舞妓はん、舞妓はん、うちら祗園の舞妓はん)
京の祗園会 宵山ふけて
いつか相寄る 夫婦鹿
想い想われ ひと夜の情け
加茂の流れに 加茂の流れにさらりと流す
"うち、兄さんより他に なにもおへんのどすえ・・・"
(舞妓はん、舞妓はん、うちら祗園の舞妓はん)

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net