嵐 太陽の世界 歌詞

嵐の「太陽の世界」歌詞ページ。
「太陽の世界」は、作詞:HYDRANT、作曲:HYDRANT。

太陽の世界 歌詞

歌:

作詞:HYDRANT

作曲:HYDRANT

貪欲な若葉 is in da house yo (つまり登場)
もうそろそろいいぞ

clap ya handz(clap ya handz)組んでる腕上げ
clap ya handz ×2

Everybody sey HO!(HO!)
の合図で皆をここからTAKE OFF(OFF)
至福の瞬間を俺らが提供(KYO)
ご準備出来たら着替えて盛装(SO)
ありがと清聴

どけどけのけのけ邪魔ですそこのけ
皆がホレボレ ただちにモテモテ
近う寄れ寄れ そっちで揉めとけ
俺の手取れ取れ 凄まじい光景
無理だよ到底 おたくにとっては冒険
(OH!?盲点?)or 挑戦? そうこれしき当然(一丁アガリ)

傾いた君の目の奥に 光溢れる
がんじがらめとサヨナラして 風に乗り込む

繰り返す毎日を抜けて 飛び出してゆく
きっと届かない星に向けて 解き放たれる

抑えきれない想いの風向きに 背中押され前を向いたら
もう誰も止められない 止まることはない

そして 順風満帆スタイルで
太陽が導いて描く 最高な世界へ
上昇気流ハートで
真実をつかまえて 強くなれる
離したくない瞬間だけ 焼き付ける様に

切なさも優しさも全部 胸にあるから
知らず知らずに積み重ねた時を彩る

ため息に負けそうな時も 心潤す
ずっと変わらない君が見せた 笑う横顔

動き出した時間の片隅に 探し当てた夢の欠片と
情熱の中にある今を信じて

そして追い風スタイルで
想像を塗り替えて続く 最高な世界へ
上昇気流ハートで
全身を貫いて 熱くなれる
一度しかない感覚さえ 終わらない様に

ちょいもとい もうお任せご想像に
しきりにしみじみ意識し生き生き そしたら元通り
俺 風来坊
迂回路 時に近いよ

YO-HO! 向こうの方へと
頂上方向へ俺と

そして順風満帆スタイルで
太陽が導いて描く 最高な世界へ
上昇気流ハートで
真実をつかまえて 強くなれる
離したくない瞬間だけ 焼き付ける様に

文字:
   
位置:
 



嵐の人気歌詞

人気の新着歌詞

馬と鹿 (通常盤) (ラバーバンド付)

馬と鹿

米津玄師

歪んで傷だらけの春麻酔も打たずに歩いた体の奥底...

天気の子

大丈夫 (Movie edit)

RADWIMPS

世界が君の小さな肩に 乗っているのが僕にだけは見え...

天気の子

祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子

RADWIMPS

聴きたい曲も見つからない 憂鬱な一日の始まりが君の...

青春トレイン(Someday Somewhere盤)

青春トレイン

ラストアイドル

トレイン トレイン 走り出すよトレイン トレイン ...

ファンファーレ! (通常盤) (特典なし)

ファンファーレ!

Hey! Say! JUMP

The beginning of Summer...

RPM -Japanese ver.-

SF9

Yeah 瞬きさえすり抜けて Heart boom b...

Chao Chao(CD)

Chao Chao

Happiness

マジで大分タイプ見る度あたしハイプmy hea...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

飛行艇

King Gnu

どんな夢を見に行こうか正しさばかりに恐れ戦かないで...

THIS IS LOVE

キム・ヒョンジュン

空の青さが違って見えるのはuh tell me w...

SHINING STAR

#HASHTAG

BREAK MY HEART 届かない想いと誰より...

バッドパラドックス (通常盤) (オリジナルステッカー付)

バッドパラドックス

BLUE ENCOUNT

あの日気付けなかったSOS 未だに追いかけてる白と...

キヅアト

センチミリメンタル

君が置いてったものばっかが僕のすべてになったの...

幻影列車(通常盤)

幻影列車

SIX LOUNGE

Good bye. そんなのちょっと照れくさいよな...

P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~

DA PUMP

君はスターまばゆくシャイン[O-O-O-O-O, ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net