東方神起 Duet 歌詞

東方神起の「Duet」歌詞ページ。
「Duet」は、作詞:Shinjiroh Inoue、作曲:Shinjiroh Inoue。

Duet 歌詞

歌:東方神起

作詞:Shinjiroh Inoue

作曲:Shinjiroh Inoue

ふたりで交わす言葉 それが歌になるのなら
君が気に入ったのは どんな melody なんだろう?
急にこの世界が 昨日と違ってても
君がいればそれだけで また奏でられる duet

複雑な現実も 予想出来ない筋書きも
ふたりでいればちっとも 怖くなんかないから
日々を飾る光(light)や 心満たす夢が
足りないより君の事 奪われるのはまっぴら

忘れないで 忘れないで 僕は君が好きなんだ
常(とわ)と書いて 永久の愛で 護りたいと知ってよ
愛してるよ 愛してるよ 全部君に捧(あ)げるんだ
だからさあ 僕の側においで

ふたりで過ごす時間 それを歌にするのなら
僕がつま弾いたのは 少し寂しい音符さ
ひと懐っこい方が しあわせ呼べるから
君と僕のすきまを ふたつで埋める duplet

でたらめな噂も 耳を疑う冗談も
ふたりで聴けばまったく 迷う事はないから
君の嬉しい顔が 僕の motif なんだよ
何をしても君の事 傷つけるのはまっぴら

変らないよ 変らないよ 僕は君が好きなんだ
直(ただ)と書いて 無償(ただ)の愛で 包みたいと知ってよ
信じてるよ 信じてるよ 君と常(とわ)に生きるんだ
だからさあ 僕の側においで

君を乗せて ふたりを乗せて
colorful に奏でる melody 響くよ
更に乗せて 想いを乗せて 重ね合う
まだ駄目だ まだだ 終わる事ない duet

君がいつも 僕にくれる 宝物がそれなんだ
君の涙 君の笑顔 分かちたいよどっちも
暗く長く 寒い夜も ふたりで明日を照らすんだ
だからさあ もっと側においで

忘れないで 忘れないで 僕は君が好きなんだ
常(とわ)と書いて 永久の愛で 護りたいと知ってよ
愛してるよ 愛してるよ 全部君に捧(あ)げるんだ
だからさあ 僕の側においで

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし): 音楽

感電

米津玄師

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明回り回って虚し...

ドラマ『ウルトラマンZ』オープニングテーマ「ご唱和ください 我の名を! 」

ご唱和ください 我の名を!

遠藤正明

ご唱和ください 我の名を! ウルトラマンZ!!...

香水

瑛人

夜中にいきなりさ いつ空いてるのってLINE君とは...

夜に駆ける

YOASOBI

沈むように溶けてゆくように二人だけの空が広がる夜に...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし): 音楽

カムパネルラ

米津玄師

カムパネルラ 夢を見ていた君のあとに 咲いたリンド...

盗作(通常盤)

思想犯

ヨルシカ

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか人を呪うの...

カイト(通常盤)

カイト

小さな頃に見た 高く飛んでいくカイト離さないよう ...

HELLO EP[CD+DVD]

HELLO

Official髭男dism

アンバランスなBGM 歌い出した僕らそれだけの事が...

RUN(初回限定盤A)(DVD付)

RUN

Sexy Zone

夜明けの風に吹かれて どこまでも走り抜けた確かなも...

カイト(初回限定盤)(DVD付)

僕らの日々

僕らの日々に 満ち溢れたキセキをいま二人 探しに出...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし): 音楽

優しい人

米津玄師

気の毒に生まれて 汚されるあの子をあなたは「綺麗だ...

STRAY SHEEP (アートブック盤(Blu-ray)) (特典なし): 音楽

迷える羊

米津玄師

ねえ 生まれてきた日を 思い出せるかいシナリオの ...

ドラマ『ウルトラマンZ』エンディングテーマ「Connect the Truth」

Connect the Truth

玉置成実

僕が 伝えてゆく 未来まで一筋の光を繋ぐよ...

RE:(通常盤)

RE:

SHIN

今落ちてゆく空の下瓦礫の向こうに映る世界へほら...

アサトヒカリ(通常盤)

アサトヒカリ

C&K

君のことずっと探してた暗い森を彷徨いながらいく...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2020 J-Lyric.net