RADWIMPS ピクニック 歌詞

RADWIMPSの「ピクニック」歌詞ページ。
「ピクニック」は、作詞:野田洋次郎、作曲:野田洋次郎。

ピクニック 歌詞

歌:RADWIMPS

作詞:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

最期の夏の 入り口に立っていたのは
ナイフを首から ぶら下げた 青い魂

大きな瞳で世界を睨む どこまでも澄んだ 碧

仲良しなどとはとても言えない この『毎日』に
あまりに突然にさよならを 切り出された

好きでもないのにフラれた僕を 君は横で笑う

希望の類から一番 遠い場所で待ち合わせしたんだ
誰にも踏まれてないままの まっさらな雪の上みたいな

銀色のプールに 青い孤独がふたつ
重ねた唇の 終わり方も知らず

僕らは奇跡にも 及ばない光
それでもいいと今夜は 君を眺め想う

人生初心者 丸出しの 小さな戦士
舞い上がるスカートを翼にかえて 生きる今日も

たまに上手に生きられた日には 隠れて笑ってみた

星を見上げて笑うことも ありがとう、ごめんねを使うことも
一度としてないままに僕ら 月にも内緒で 世界を抜け駆けた

飽きもせずに空は 今日も青いから
昨日も通り雨に 助けてもらったよ

「無様にもほどがある」 誰かが遠くで言う
じゃあ誰に教わればいい? はじめて生まれたんだ

宇宙のまばたきの間の 刹那に 恋をしたよ

銀色のプールに 青い鼓動がふたつ
重ねた唇に そっと思い出したよ

あなたは僕がたしかに 生まれ落ちたあの日
この手からこぼれ落ちた この僕の片割れ

はじめてしがみついた この世界の袖
振り払われようとて 握りかえしたよ

僕らは 奇跡にも 及ばない光

それならいっそ僕ら

文字:
   
位置:
 



RADWIMPSの人気歌詞

同名の曲が9曲収録されています。

ピクニック(かりゆし58)

ピクニック(CHAGE and ASKA)

ピクニック(yael naim)

ピクニック(岡本真夜)

ピクニック(太陽族)

ピクニック(ガロ)

ピクニック(CUNE)

ピクニック(after the greenroom)

ピクニック(B.B.クィーンズ)

ピクニックの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

Find The Answer(通常盤)

Find The Answer

風がこの心を 吹き抜けても揺るがないそんな強さを ...

マエヲムケ

Hey! Say! JUMP

朝から転んで泥まみれI'm Gonna Gonna...

here comes my love

Mr.Children

破り捨てようかないやはじめから なかったものって思...

低温火傷 / 春恋歌 / I Need You ~夜空の観覧車~(B)

低温火傷

つばきファクトリー

都会の夜空を流星(ほし)が切り裂いた見える ふたり...

勝手にMY SOUL(通常盤)

勝手にMY SOUL

DISH//

戦々恐々everyday 天真爛漫everybody...

ハロー カゲロウ(通常盤)

ハロー カゲロウ

GReeeeN

あの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき...

Everybody!!

シグナル

WANIMA

不確かなまま はじまる今日は変わらない いつも通り...

Ref:rain / 眩いばかり(期間生産限定盤)(DVD付)

Ref:rain

Aimer

Raining 夏の午後に 通り雨 傘の下Kiss...

Moon さよならを教えて

BUCK-TICK

泣いていたのかしら もう涙は枯れたのにあなたに触れ...

さよならエレジー

菅田将暉

僕はいま 無口な空に吐き出した孤独という名の雲...

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

小沢健二

幾千万も灯る都市の明かりが生み出す闇に隠れた汚...

その線は水平線(10,000枚生産限定盤)

その線は水平線

くるり

その線は水平線新しい靴履いて時代を飛び越えろ...

ヒカリ

ゴスペラーズ

It's enough for usそして光が 二...

恋は天使のチャイムから

田村ゆかり

早く恋のチャイム気づいて君の胸に聴こえてるでしょ...

映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』オープニング主題歌「Deadly Drive」(アニメ盤)

Deadly Drive

GRANRODEO

鼓動は高鳴りかけがえのない共鳴に未完成を重ねて...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net