RADWIMPS 'I'Novel 歌詞

RADWIMPSの「'I'Novel」歌詞ページ。
「'I'Novel」は、作詞:野田洋次郎、作曲:野田洋次郎。

'I'Novel

歌:RADWIMPS 作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎

ずいぶん長らく歩いてきたような そんな気がしていただけなんだ
小説にしたらせいぜい まだ三行目あたりのこの人生

カバーもまだ 題名もまだ 決まらずに書き始めちゃったから
どこでどうしてどうなってって順序よく 収まりつかないや

今日はただただもう さぁダラダラしようと 物思いにふけてても
早くも僕の胸はもぞもぞと動きだす だって

心臓は脈打ち 何ccかの血を全身へと送りだしを繰り返し
今日も休まず僕は僕を生かし

辻褄あわぬストーリーに ほろ苦い顔で見るストーリー
誇れるほどのものはまだないが 僕だけに光るものはあんだ

塗りつぶしたい? 破り捨てたい? 過去があろうとも汚れのない
物語など僕は惹かれない あぁ 一瞬先の自分さえ

もう待てないよ 今すぐでも会いたいよ
うかうかしてらんないの

はみ出した君の痛みが 壊れないようにと涙した
ひょっとしたら もしかしたら それはいつかのあの僕だった

輝いた朝の光が 水たまりを蹴って飛び散った
あのどれかが今の君なら いいな いいな

どっかの誰かが勝手に君のことを あーとかこーとか言ったり
いつのまにか 君のブックの表紙に名前 勝手につけて

頭きたよ 頭悪いけど あんたに言われる筋合いはねぇから
とっとといなくなっとくれ これ電車賃 受け取っとくれ

どうにもこうにもいかない時でも どうにかこうにか
ここまできたんだよ 今自信を持って言えるのは

僕を乗りこなせんのは こいつの勝手がそうわかんのは
他にゃいないんだ このおいらにゃこのポンコツくらいが丁度いいんだ

でもあわよくば まぁいつの日か この僕のこと この僕よりも
より分かって笑ってくれる人と 出逢えるといいな なんて

その時まで待てないよ 今すぐ抱きしめたいよ
この手で温めたいよ

飛び出した白い光が 奇跡と合わさって芽を出した
それが僕なら いいさそれなら いっそ奇跡使い果たすんだ

溢れ出した君の涙が 無駄にならぬようにと駆け出した
それを見た僕が胸に抱く気持ち なんて美しいんだ

1秒先で輝いて 見えるものだけ追いかけて
「間違いなんてないんだから」 そんな言葉を真に受けて

ゼロで生まれた僕なのに 今名前を呼ぶ人がいて
当たり前などない脳に 産み落としてくれて ありがとう

例え1ページで終わる命も 1000ページに及ぶ命も
比べられるようなもんではない 同じ輝きを放つに違いない

あいまい 何の気ない 言葉延々紡ぐ暇などない
1ページを生きた少年の 本には誰よりも光る一行が

綴られているんだ そう信じてやまないんだ
もうジタバタしてたいんだ

僕もどれだけ遺せんだ ねぇどれだけ生きれんだ
時間以外の単位で

はみ出した君の痛みが 壊れないようにと涙した
ひょっとしたら もしかしたら 君の優しさの影だった

輝いた朝の光が 水たまりを蹴って飛び散った
あのどれかが今の君なら いいな いいな いいな


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net