RADWIMPS 記号として 歌詞

RADWIMPSの「記号として」歌詞ページ。
「記号として」は、作詞:野田洋次郎、作曲:野田洋次郎。

記号として 歌詞

歌:RADWIMPS

作詞:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

今までの日々 ふと思いだしたんだ
土砂降りの雨の中 飛ぶ飛行機の中で

針と糸ひとつ手渡され 「はじめ」の合図で
針の穴に糸を通す これを繰り返すような Days Ace

これからの日々 ふと描きだしたんだ
上下左右 乱高下 もう吐きそうなんだ

泣いてすがったり 落ちてひろったり 皆様 様々
震える手 霞みゆく視界 僕の指なぜ八本?

ひとっこひっとり殺さずに 誰とも肩ぶつからずに
いじめずいじめられずに 車にはねられぬように

病、火事、事故、地震 日々紙一重でかわしながら
騙されぬほどに優しく 嫌みにならぬほどに賢く

生きなさいとさ はい、そうかい

曖昧なようで 明快なような 繊細なストーリーを
踏み外さぬように 逃さぬように 細心の注意を

あんたに言ってもなんだかさっぱりだとは思いますが
あんたもバッタリ或る日 そっくり 引きずり込まれるさぁ

悲しみの匂いが鼻について 洗い流そうと席を立った
トイレに向かうが そこは悲嘆者の列 嗚咽の列

諦め目を瞑る者 膝をつき許し請う者
腕に針あてて 愛しき人の名を彫り入れる者

彼らの様 横目に 祝杯と声あげる者
着陸までに糸通した 者だけが明日を生きられると

わざとらしくも しおらしく
生きなさいとさ はい、そうかい

天上のようで 地獄絵図のような ぞんざいなストーリーを
一抜けるもよし 駆け抜けるもよし そう究極のチョイスを

僕のそっくりが一人こっそり 非常口の前へ
おもむろにゆっくり ハンドルを切り 制止を振り切り シュートが開き
そんなのほっとけ 落ちたきゃ勝手に させとけそれよりも 針に糸を

曖昧なようで 明快なような 繊細なストーリーを
踏み外さぬように 逃さぬように 細心の注意を

喜劇的なようで 悲劇的な運命 お好きに調理を
つま先立つもよし いきり立つもよし 行け 最高到達点を

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

The Red Light(初回盤A)(DVD付)

The Red Light

KinKi Kids

これ以上はもう The Red Light思いの向...

さよならデュアリーナ(木月沙織ver.)

さよならデュアリーナ

放課後プリンセス

真夜中のデュアリーナせめぎ合う 胸のリバーシ信...

風林花山

風林花山

G-FREAK FACTORY

大きな轍と 少しの足跡静けさに立ち止まれば はるか...

リボン

BUMP OF CHICKEN

嵐の中をここまで来たんだ嵐の中をここまで来たんだ...

Dirty Disco

Dirty Disco

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

Crazy, wild and free飛ばしてい...

Mr.Fake ツナゲル(初回限定盤TYPE-A)

Mr.Fake

天月-あまつき-

ある日思った月灯りに逃げ込んだトモダチなんて勘...

Speed★Star 通常盤

Speed★Star

藤木直人

夏休みは長くて 1年は永遠に感じ大人になるなんて ...

つなぐ(通常盤)

つなぐ

誰だって そう 探してるEveryday彷徨い歩い...

Daydreaming/Choose me (初回生産限定盤)

Daydreaming

BAND-MAID

Daydreaming 覚めないでNothing ...

FLOWER(通常盤)

FLOWER

THE BEAT GARDEN

I'm aloneI left it break...

ララララ・ライフ(初回生産限定盤B)(DVD付)

ララララ・ライフ

夢みるアドレセンス

人生、若干ミュージカルみたいモンダイ山積み ホント...

I'll be there

SOOHYUN(from U-KISS)

どれだけ時が過ぎただろう 別々の道を選んだ長く長い...

背中越しのチャンス(通常盤)

背中越しのチャンス

亀と山P

100回の恋も君がいなくちゃ unhappy気...

Melody

J☆Dee'Z

あの日 君が笑って歌ってくれた 忘れられぬメロディー...

ノンフィクション

ノンフィクション

平井堅

描いた夢は叶わないことの方が多い優れた人を羨んでは...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net