星野源 夢の外へ 歌詞

星野源の「夢の外へ」歌詞ページ。
「夢の外へ」は、作詞:星野源、作曲:星野源。

夢の外へ 歌詞

歌:星野源

作詞:星野源

作曲:星野源

夢の外へ連れてって
ただ笑う顔を見させて
この世は光 映してるだけ

いつの間にか明ける夜
通りを焼く日差し
夢日記は開けたままで
夏は通りをゆく
嘘の真ん中をゆく

ドアの外へ連れてって
ただ笑う声を聞かせて
この世は光 映してるだけ

自分だけ見えるものと
大勢で見る世界の
どちらが嘘か選べばいい
君はどちらをゆく
僕は真ん中をゆく

意味の外へ連れてって
そのわからないを認めて
この世は光 映す鏡だ

いつか 遠い人や国の空
想い届けばいいな
いつか 今は居ないあなたを
目の前に現して
現して

夢の外へ連れてって
頭の中から世界へ
見下ろす町を 歩き出せ

夢を外へ連れ出して
妄想その手で創れば
この世が光 映すだけ

文字:
   
位置:
 



星野源の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

夢の外へ(柴咲コウ)

夢の外への収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net