星野源 ワークソング 歌詞

星野源の「ワークソング」歌詞ページ。
「ワークソング」は、作詞:星野源、作曲:星野源。

ワークソング 歌詞

歌:星野源

作詞:星野源

作曲:星野源

人混み抜けた朝
胸の振り子が呼ぶ君を
側まで連れてくる事が
できると思えるか

いつでもみんな奇跡を待つだろう
何もできずに
いつでもみんななにかを追いかけて
涙や赤い唾を吐いて

働け この世のすべて背負え
定時まで
輝け 夜道の隅を照らして

人混み飲まれてく
胸の想いがひと雫
口から飛ばすこといつか
できると思うまで

いつでもみんな救いを待つだろう
何もできずに
いつでもみんな何かを追いかけて
汗や血反吐を拭いながら

働け 心の中を覗け
零時まで
輝け この血の流れ照らして

働け この身のすべて使え
定時まで
輝け この世の流れ生み出せ
朝まで

文字:
   
位置:
 



星野源の人気歌詞

ワークソングの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net