天童よしみ 夜明け 歌詞

天童よしみの「夜明け」歌詞ページ。
「夜明け」は、作詞:池田充男、作曲:西條キロクです。

「夜明け」歌詞

歌:天童よしみ

作詞:池田充男

作曲:西條キロク

恋がひとつ冷めて
暗い夜が明ける
ながれない掘割に
光る朝がきたわ

出て行った あいつには
一から十まで だまされた
世話をして 夢を見て
ひとりにさせられた
たかが別れじゃないの
泣いてることはない ことはない

せまい部屋のすみに
使い捨てのライター
窓あけて投げようか
空にむけて遠く

この胸の なぐさめに
あてない旅など してみよう
お金なら 五、六枚
財布にのこってる
たかが別れじゃないの
泣いていることはない ことはない

出て行った あいつには
一から十まで だまされた
世話をして 夢を見て
ひとりにさせられた
たかが別れじゃないの
泣いていることはない ことはない

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net