天童よしみ 汐騒 歌詞

天童よしみの「汐騒」歌詞ページ。
「汐騒」は、作詞:もず 唱平、作曲:西條 キロクです。

「汐騒」歌詞

歌:天童よしみ

作詞:もず 唱平

作曲:西條 キロク

飛ぶことに 疲れたと云う鳥の
羽根を休める とまり木か
好いて好かれた お前とオレの
夢待ち酒場
あれが馴れ染め 寒い日で
外じゃ汐騒 泣いていた

故郷に児がいると 俯いて
やっと切り出す 辛い過去
今日も十八番の “枯葉”を聴かす
夢待ち酒場
別れ話しが 肴では
歌も悲しく なるばかり

サイコロを転がして決めようか
船に乗る番 先か後
背中向けたら 二度とは逢えぬ
夢待ち酒場
せめて手を振れ 最後まで
涙見せるな いい女

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net