大石まどか 恋路ヶ浜暮色 歌詞

大石まどかの「恋路ヶ浜暮色」歌詞ページ。
「恋路ヶ浜暮色」は、作詞:仁井谷俊也、作曲:弦哲也です。

「恋路ヶ浜暮色」歌詞

歌:大石まどか

作詞:仁井谷俊也

作曲:弦哲也

海鳴りが 空で哭く
波が素足に 戯れる
愛する男と 別れたら
女のこころは 脱け殻です

恋路ヶ浜の 風よ夕陽よ
明日から私は どうしたらいいの…
砂浜に 崩れ落ちそな今は-
寄り添ってささえる 道づれが欲しい

足許の 忘れ貝
耳にあてれば あの声が…
想い出さえも 捨てたなら
躰もいのちも 寒すぎます

伊良湖岬を渡る 二羽のカモメよ
おまえは倖せ 失くしたら駄目よ…
心細さ身にしむ今は-
あたたかい誰かの ぬくもりが欲しい

恋路ヶ浜の 風よ夕陽よ
明日から私は どうしたらいいの…
砂浜に 崩れ落ちそな今は-
寄り添ってささえる 道づれが欲しい

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net