大石まどか 茜の炎 歌詞

大石まどかの「茜の炎」歌詞ページ。
「茜の炎」は、作詞:及川眠子、作曲:幸耕平です。

「茜の炎」歌詞

歌:大石まどか

作詞:及川眠子

作曲:幸耕平

今さら恋なんていらないと思ってた
黄昏が近付く街であなたに出逢うまで

傷ついた記憶が静かに溶ける
優しい腕に抱かれるたびに
過ぎてしまった時間(とき)をいたずらに数え
あきらめたふりをして生きてきたけど

素肌這うぬくもりが
運命を変えてく

心でゆらり ゆらり茜の炎
まるで命を彩るように
一途にゆらり こんなふうに誰かを
愛せることが嬉しくて

一人で生きてゆく そう決めたはずなのに
絡ませた指先になぜ 涙がこぼれてる

幾度も恋をして 罪もかさねて
いつか孤独に慣れていたけど
小さな光がいまそっと瞬(またた)くの
暗闇に染められた私の窓に

待ちわびるせつなさも
幸せに思えて

心でゆらり ゆらり茜の炎
まるで夕陽が絵を描(か)くように
静かにゆらり きっと最後の恋が
綺麗な景色くれたのね

心でゆらり ゆらり茜の炎
空を焦がして 揺れている

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net