スピッツ 波のり 歌詞

スピッツの「波のり」歌詞ページ。
「波のり」は、作詞:草野正宗、作曲:草野正宗です。

「波のり」歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

僕のペニスケースは人のとはちょっと違うけど
そんなことはもう いいのさ
ピンクのサーフボードで九十九里に沿って飛ぶのさ
君の町まで届くかな

迎えに行くから どうか待ってて僕のこと仔犬みたいに
晴れた日の波のりは愉快だな

枯れ果てたはずの涙も タンクに溢れてるのさ
このままで君はいいのかい?
くたびれたロバにまたがった ビキニの少女がその娘さ
僕の顔 覚えてるかな

迎えに行くから どうか待ってて僕のこと仔犬みたいに
晴れた日の波のりは愉快だな

迎えに行くから どうか待ってて僕のこと仔犬みたいに
ユラユラと カモメ気分さ 晴れた日の波のりは愉快だな

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

スピッツの人気歌詞

波のりの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net