平松愛理 朝のホームで 歌詞

平松愛理の「朝のホームで」歌詞ページ。
「朝のホームで」は、作詞:平松愛理、作曲:平松愛理です。

「朝のホームで」歌詞

歌:平松愛理

作詞:平松愛理

作曲:平松愛理

ただなんとなく 通りすぎてく日々
こんなはずじゃないような気がして
空見上げた 朝のホームで

見事な青を 泳いでる鳥達
どこまでも 見続けたかった
何にも 邪魔されず

電車が空のキャンバスを
せばめるように すべりこんだ
無口すぎる 人いきれ
詰め込んでは また 閉じられた扉

動き出す電車 残していったものは
ホームに落とした影と そして 私

毎日同じ おきまりの仕事も
同僚との付き合いも 決して
嫌いじゃないけれど

逆向きの電車が入り
ふいに乗り込んでしまった
今日しかない ときめきが
この先にきっとある予感がする

決まった生き方か 自由な生き方か
人生はいつも 自分が選べるの

生きていく限り 時間は失われる
明日死んでもいい位 生きてみたい

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net