童謡・唱歌 涙こえながら -卒業式の日に- 歌詞

童謡・唱歌の「涙こえながら -卒業式の日に-」歌詞ページ。
「涙こえながら -卒業式の日に-」は、作詞:山本惠三子、作曲:岩松歓です。

「涙こえながら -卒業式の日に-」歌詞

歌:童謡・唱歌

作詞:山本惠三子

作曲:岩松歓

きみが校庭をかけてるときの
風におどる長い髪が まぶしかった
いつか小雨が降った日 ぬれて帰るきみに
傘をさしかけてあげたかった とても

-去年の夏の終り きみは転校していった

きみも きょう どこかの学校で
わかれの歌をうたっているのだろう
涙こらえながら 巣立っていくために

きみも きょう どこかの学校で
わかれの歌をうたっているのだろう
涙こらえながら 巣立っていくために

巣立っていくために

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

「童謡・唱歌」について

子供向けの歌、旧文部省が教科のひとつ唱歌(現在の音楽)で指導するために選んだ歌曲などの他、主に子供向けに作られた歌など、J-Lyricでは広義に童謡として収録しています。

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net