童謡・唱歌 冬景色 歌詞

童謡・唱歌の「冬景色」の歌詞をふりがな付き、ひらがなで表示します。「冬景色」の歌詞をひらがなで表示します。「さ霧消ゆる湊江の」と歌い始める「冬景色」は、冬の港、冬の畑、冬の里の情景を歌った文部省唱歌です。

「冬景色」歌詞

歌:童謡・唱歌

作詞:文部省唱歌

作曲:文部省唱歌

ひらがなでみる≫

霧消(ぎりき)ゆる湊江(みなとえ)
(ふね)(しろ)(あさ)(しも)
ただ水鳥(みずとり)(こえ)はして
いまだ()めず(きし)(いえ)

烏啼(からすなき)きて()(たか)
(ひと)(はた)(むぎ)()
げに小春日(こはるび)ののどけしや
かえり(ざき)(はな)()

(あらし)()きて(くも)()
時雨(しぐれ)()りて()()れぬ
()燈火(ともしび)()()ずば
それと()かじ野辺(のべ)(さと)

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

「冬景色」について

冬景色の写真

「冬景色」の歌詞について

「冬景色」は1913年(大正2年)発行の尋常小学校の唱歌教材5学年用に掲載された文部省唱歌で、作者不詳です。現在ではやや難解な言葉が多い歌詞ですが、優しい雰囲気のメロディと歌詞がマッチして冬の雰囲気を醸し出しています。

「冬景色」の曲について

「冬景色」の歌い出しの楽譜

歌唱用の楽譜では、へ長調、3/4(4分の3拍子)、テンポは♩=90~110程度とされているものが多いようです。

ヘ長調の時の歌い出しの音はファ(F4=一点ヘ)で音域は、ド~レ、C4~D5(一点ハ~二点ニ)です。

同名の曲が10曲収録されています。

冬景色(白鳥英美子)

冬景色(元ちとせ)

冬景色(美輪明宏)

冬景色(レインブック)

冬景色(岩崎宏美)

冬景色(木山裕策)

冬景色(林部智史)

冬景色(井上あずみ)

冬景色(由紀さおり/安田祥子)

冬景色(長谷川久美子)

「冬景色」のトピックス

冬の童謡・唱歌

冬の童謡・唱歌

冬に人気が集まる童謡・唱歌のうち、特に12月1月頃にアクセス回数が急増する歌詞を集めてみました。

童謡・唱歌の人気歌詞

「童謡・唱歌」について

子供向けの歌、旧文部省が教科のひとつ唱歌(現在の音楽)で指導するために選んだ歌曲などの他、主に子供向けに作られた歌など、J-Lyricでは広義に童謡として収録しています。

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net