かぐや姫 きらいなはずだった冬 歌詞

かぐや姫の「きらいなはずだった冬」歌詞ページ。
「きらいなはずだった冬」は、作詞:伊勢 正三、作曲:伊勢 正三です。

「きらいなはずだった冬」歌詞

歌:かぐや姫

作詞:伊勢 正三

作曲:伊勢 正三

夕焼け空のなごり残して
きれいに暮れてゆく 街を
君とこうして
また並んで歩いている
寂しい季節が過ぎて
暖かい心の春が
Wo…やってくる

年を数えて 三度目の冬
も一度 めぐり逢うこと
なぜか手のひらに
記されていたような
不思議な運命という名の
結びつく 二つの星が
Wo…知っている

似合うセーター その肩ごしに
感じる君は 同じさ
涙もろくなったのは
ぼくのせいだね
やさしい涙の糸が
からみつく長いまつ毛に
Wo…酔っている

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

かぐや姫の人気歌詞

人気の新着歌詞

LiE LiE LiE

BiSH

妄想にとらわれすぎどうせ何も生み出しやしないんじゃ...

Acanthe

Valkyrie

春のparfum 誘われ目覚める愛を閉じ込めた 記...

それだけでいい

大原櫻子

もたれかかる 君の寝顔愛しくて キスをした笑顔...

Brilliant Smile

Switch

Show your cutting-edge! Sho...

鳴り響く限り

YUKI

夜は月明かりを持って 揺れる朝焼けを頬張って 踊りたい...

The Answer

なにわ男子

We will always catch the tr...

ねがう夜

aiko

長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよねだ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net