森高千里 八月の恋 歌詞

森高千里の「八月の恋」歌詞ページ。
「八月の恋」は、作詞:森髙千里、作曲:筒美京平です。

「八月の恋」歌詞

歌:森高千里

作詞:森髙千里

作曲:筒美京平

真夏の海が見えるお店で
紅茶を飲んでさよならしたわ
あの時 わかっていたけど
なぜかしら見つめあった二人

最後のキスは 忘れられない
あの夏のよう 熱くて淡い
八月の砂浜は風が冷たい

まるで映画をみているような
きれいな夕日 沈んでいった
夏がくれた最後の恋のプレゼント

海から帰る車の中で
私はなにも言えなかったの
あの時悲しすぎたから
泣くこともできなかった私

最後のキスは 忘れられない
あの夏のよう 熱くて淡い
夏がくれた最後の恋のプレゼント

優しい日差しの秋がくれば
あなたを忘れられるでしょうか
あの時さよなら言えれば
思い出にできたでしょ 恋を

さよなら 八月の海に
この恋を流してしまったの

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net