桂銀淑 うぐいす 歌詞

桂銀淑の「うぐいす」歌詞ページ。
「うぐいす」は、作詞:五輪真弓、作曲:五輪真弓です。

「うぐいす」歌詞

歌:桂銀淑

作詞:五輪真弓

作曲:五輪真弓

あれは 遠い冬の物語
落ち葉木枯しに迷わせて
ふりむかず 行った人
愛だけを 残して
熱い胸の高鳴るままに
冷えた心あたためあった二人
二度と帰らないのね いくら 叫んでも

春のうぐいすが鳴いたならば
雲に流されてゆく想い
あなたさえ 忘れたら
涙など 風に散る
明日めざめれば 陽が昇り
何処か知らない街にひとり
あなただけを忘れるために 旅立つ私

春のうぐいすに 誘われて
いつか知らない街にひとり
あなただけを忘れるために 旅立つ私

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net