桂銀淑 昭和最後の秋のこと 歌詞

桂銀淑の「昭和最後の秋のこと」歌詞ページ。
「昭和最後の秋のこと」は、作詞:阿久悠、作曲:浜圭介です。

「昭和最後の秋のこと」歌詞

歌:桂銀淑

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

貧しさもつらくない 四畳半にも夢がある
嘘をつかない約束で 肌を寄せあう二人なら

死にましょうか 生きましょうか
生きましょう 生きましょう
互いに巡り会えただけ この世の神に感謝して

昭和最後の秋のこと 雨にうたれる彼岸花
震える愛が 震える愛がまだあった

飢えた日を忘れない 痩せて目だけをひからせた
そんな時代の子であれば 心だけでも満たしたい

死にましょうか 生きましょうか
生きましょう 生きましょう
笑える事がある限り 値うちがあると信じつつ

昭和最後の秋のこと 時に晴れ間が広がって
眩しい恋が 眩しい恋がまだあった

昭和最後の秋のこと 山の紅葉に照りはえて
色づく夢が 色づく夢がまだあった
震える愛が 震える愛がまだあった

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net