安藤裕子 歩く 歌詞

安藤裕子の「歩く」歌詞ページ。
「歩く」は、作詞:安藤裕子、作曲:安藤裕子です。

「歩く」歌詞

歌:安藤裕子

作詞:安藤裕子

作曲:安藤裕子

心が きっと幼いんでしょう
あなたのこと知ろうともせず 見誤っていた
傷を付けることにだけ長けて
牙をむけば 安らぐように

走り出し 落ちかけた夕陽を追う
溶けるように連なった 景色を超えて
音のない部屋の中何かが欠けてる

そして

あなたの残したものを見つけ 胸に抱く
今日はこれに名を付け 抱いて眠ろうと
そして登る朝日に そっとキスを送り
いつも通りの笑顔で きっと始めようと

あなたが私に教えてくれた 多くのこと
今になって甦ってくる
顔が少し似始めたようで
鏡を見て 笑ってみせる

振り返り手を伸ばす 時を掴まえて
抱きしめて 抱きしめて 叫んでみても
揺るがない壁の中 私は泣いてる?

決して

あなたを忘れないと 強く胸に刻み
あなたの名を想っては 明日を迎えよう
やがて空は動いて そっと星を降らす
終わる今日を流して 夜は走り去る

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が3曲収録されています。

歩く(ヨルシカ)

歩く(仲井戸"CHABO"麗市)

歩く(空気公団)

安藤裕子の人気歌詞

歩くの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net