RURUTIA 白い月銀の糸 歌詞

RURUTIAの「白い月銀の糸」歌詞ページ。
「白い月銀の糸」は、作詞:ルルティア、作曲:ルルティアです。

「白い月銀の糸」歌詞

歌:RURUTIA

作詞:ルルティア

作曲:ルルティア

清らかな 白い吐息を撒いて
満ち潮に 月の影が降りる

窓辺に佇む あなたを
縁取る銀の糸 消えそうに揺れる光

夜の腕に抱かれながら あなたをただ見ていたい
その瞳が 本当は違う誰かのものでも

願い事湛えて 燃えているの
幾千の星の粒が 瞬いて

微かな波音
あなたが 遠くて 触れたくて
思わず手を伸ばす

強い腕に抱かれながら わたしはまた夢見る
その微笑が たとえ違う誰かを照らしていても

夜の腕に抱かれながら あなたをただ見ていたい
その瞳が 本当は違う誰かのものでも
今はこのまま

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

RURUTIAの人気歌詞

人気の新着歌詞

絶対インスピレーション

SKE48

インスピレーション頭の中でピンと来たんだインス...

星空のCeremony

THE ALFEE

カシオペアを探して車で丘の上まで来た凍える冬の...

Shadow Effect

DiverDiva

Take off 重力の境界線から解き放たれたガイ...

Replay

DISH//

Replay巻き戻せない同じ朝は二度とないよ...

一杯のジュテーム

秋元順子

馴染みのバーで 頬杖ついてあの人 星を旅して一人よ...

祝福

YOASOBI

遥か遠くに浮かぶ星を想い眠りにつく君の選ぶ未来...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net