RURUTIA 蝶ノ森 歌詞

RURUTIAの「蝶ノ森」歌詞ページ。
「蝶ノ森」は、作詞:RURUTIA、作曲:RURUTIAです。

「蝶ノ森」歌詞

歌:RURUTIA

作詞:RURUTIA

作曲:RURUTIA

静寂にたたずむ 使い捨てのビルの上には
琥珀の星明かり 慰めるように流れていく

誰も振り返らない 灰色に染まる街
燃えて落ちるように 蝶が舞うよ

凍える羽を月に翳し 必死に震わす
安らかな場所を探しているの 蒼く儚い炎 uh

焼けた砂の吹く 乾いた道 裸足の少女
砕けて散らばった 夢の粒を拾い集める

崩れ落ちた壁に 小さく刻まれてる
祈りの文字にも 砂が積もる

光と陰を飛び交いながら ひしめく蝶ノ森
もつれた羽音が空に響くよ 蒼く儚い炎 uh

凍える羽を月に翳し 必死に震わす
安らかな場所を探しているの 蒼く儚い炎 uh

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

RURUTIAの人気歌詞

人気の新着歌詞

ALIVE

ClariS

願った 勇敢な選択の未来を今照らしてく利己...

チカラノカギリ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

Oh ...1,2,3,4チカラノカギ...

Queens Bluff

i☆Ris

Lady 始まりの合図上がればDon't stop...

Abracada-Boo

石原夏織

白か黒 こんがらがってGRAYいつだって曖昧なまま...

ヒミツ恋ゴコロ

CHiCO with HoneyWorks

「彼女になってあげる」それが台本(セリフ)だとした...

ジャンケンポンGO!!

郷ひろみ

ジャンケンポン Go Go拳突き上げて 大地踏み締...

星の雨

ジャニーズWEST

僕らの前に 流れる星の雨掴みたくて 掴めなくて ま...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net