HY Street Story 歌詞

HYの「Street Story」歌詞ページ。
「Street Story」は、作詞:TUN、作曲:HIDEYUKISHINZATOです。

「Street Story」歌詞

歌:HY

作詞:TUN

作曲:HIDEYUKISHINZATO

冬春夏が過ぎ
時というすべての要は待たずに
そう 駆け抜けたあの場所は姿形変え
脳裏のみの場所へ
あのとき流した涙や 支え合って
築き上げた軌跡は
常に心の糧となり
語りに語り尽くせないほどのメモリー
晴れの日も雨の日も
異なる表情みせるいつもの路上
いつも振り向けばあの場所があった
後から支えてくれる何かがあった

△ただ1つ、ただ1つ
この胸に残るものは光だけ
強く根付く木のように
この場所でこの場所で歌うだけ△

※光が包むこの場所で
この歌が花となり
遮るものなど何もなく
この空にこの地に音は響く※

夕暮れに赤く染まる町で
幾度となく響かせた音は壮大で
どこまでも届きそうな
飛んでいきそうな
夕暮れの空の下で
僕らは僕らだけの音を出した
立ち止まる人
過ぎ去ってゆく人
そんなのはそこら中でありふれた話で
要はその場に何を残すか
またその場に来たい聴きたい
終わった後にその言葉が聞きたい
だから今日も空の下
僕らは僕らだけの音を出した

(△くり返し)
(※くり返し)

いつかまた この歌がこの場所で
響くように…
すべての思いを込めて
どこまでも届くように…

(※2回くり返し)

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net