OZROSAURUS ON AND ON 歌詞

OZROSAURUSの「ON AND ON」歌詞ページ。
「ON AND ON」は、作詞:MACCHO、作曲:ROMEROSPです。

「ON AND ON」歌詞

歌:OZROSAURUS

作詞:MACCHO

作曲:ROMEROSP

昨日までの毎日がまるで長いようで一瞬なHOLIDAY
ON AND ON HEY Mr.DJ 回すTURNTABLE BREAKBEATSにのせ
思えば歌う 過ごした月日 出会えば別れが近づく日々 クソ喰らえ
時代は過ぎ 時間だけは過ぎていくよ 迷わずに
あれからもう 約何年 思い出してみるなら儚ねー
始めて会った頃 大嫌いだった アイツが今じゃ だいの連れ
BACK IN THE DAY 朝の来ねえ夜までひたすらかけ抜けて行くぜ ALL DAY
ALL NIGHT 次のページめくる 過ぎてく時を 追わずBAY BLUES

※ON AND ON 出来るだけ 遠くまで 行けるとこまで 行くべ
出口やゴールなどねぇ 所詮はどんぐりの背比べ
ON AND ON 生まれて死んでくだけ 笑えるだけ笑え
そこにゃ理屈なんていらねぇ 出会い晴れ 別れ雨※

それでも回る地球さまるで おもちゃ箱みてぇ道草
泣いた 笑ったとかはいいさ 乗り越えた今だから二度もねえさ
思い出しても そこにゃもう居ねえ 霞んで消えてくだけ思い出
死ぬまでつるんでいこうぜ MY MEN 俺の記憶の中 生きていく一人で
今だけ 今だけが特別な時 熱いもの込めた情熱的
綴っていく ペンの上 生き様いく NO PAIN NO GAIN
まわりくどい事は言わねぇ ただ目の前がまぶしいBABY
その気になりゃ今よりゃうだつ上がる その気んなりゃ 地球も一つになる

俺のRADIOから鳴る曲 移りゆく景色の中 鳴り響く
RADIOから鳴る曲 変わる季節の中 遠い記憶
俺のRADIOから鳴る曲 移りゆく景色の中 鳴り響く
RADIOから鳴る曲 変わる季節の中 遠い記憶

(※くり返し)

△うろたえねー 前へ 答え そりゃ MY WAY もがいて ないで ひたすらな夢
絶えず運命 抱いたまま上 退屈いらねぇ TIME IS MONEY
この際はダイレクト まさに外伝 うだつ上がる HEY うわっつら内面
絶えず運命 描いたなら上 二つとないね いたずらなGAME△

思い出したそう言えば 俺ガキんときゃ 生まれたまんまのにな
たかが何か こっ恥ずかしいだとか 素直にゃなれねー 俺の今
目にした現実の数だけ イカレていくよ 夢は捨てねぇ
でも俺は俺だけさ 常忘れねー 人は人 それはそれ
春四月 桜散り 夏 暑さにうかれ 秋収穫 冬こえて春 夏秋冬
また来る季節 去年とは違う まだやり足らねぇ事ばっか
やらかしてやるドデケーなんか 世界中 今この時を感じているかよ おはよう

(※くり返し)
(△くり返し)

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が14曲収録されています。

On And On(Utada(宇多田ヒカル))

ON AND ON(BAKU)

ON AND ON(Every Little Thing)

On and On(SUPER JUNIOR)

ON AND ON(南佳孝)

On and On(Nulbarich)

On and On(ANTHEM)

On and On(中塚武)

on and on(bonobos)

On And On(Utada)

「ON AND ON」で検索する

OZROSAURUSの人気歌詞

ON AND ONの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

運命 CHACHACHACHA~N

OCHA NORMA

シュビドゥバ シュビドゥバ(CHA CHA)シュビ...

Stardom

King Gnu

夢で誤魔化した笑顔の裏で何度泪を流した?歩...

STARS

M!LK

どれだけの出会いと別れを重ねて何を思い今日まで歩い...

THE WAY OF LIFE

RAISE A SUILEN

機転利かせ右脳左脳 口八丁 常勝手抜かりなくリスペ...

MELTY

白間美瑠

Hey, what's your name?Ah ...

Flash!

PICG

Flashlight まるで一瞬のネイキッド照らし...

転生したら剣でした

岸田教団&THE明星ロケッツ

希望なんてもう 久しく見ていない絶望になれきった意...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net