清木場俊介 JIM ROCK 歌詞

清木場俊介の「JIM ROCK」歌詞ページ。
「JIM ROCK」は、作詞:清木場俊介、作曲:清木場俊介・西広ショータです。

「JIM ROCK」歌詞

歌:清木場俊介

作詞:清木場俊介

作曲:清木場俊介・西広ショータ

泣いたり幸せだったり 心はいつも慌ただしく
いつだって誰かに見られてる
グラスで踊る濃いめのJIM BEAMで
弱気な深夜四時 自分を誤魔化す

時は流れ 人も街も変わり
人生が思う様に うまくいかなくたって

打ちのめされたって
立ち上がってゆくのさ!
つまり己を超えて逝くんだぜ Rock 'n' Roll

孤独にはもう随分と慣れた筈の俺なのに
夜の闇 今日も足宛いてる
暗闇の中を走るのは慣れた筈の俺なのに
今だって出口を探してる

時は流れ 人も街も変わり
人生が思う様に うまくいかなくたって

打ちのめされたって
立ち上がって進むのさ!
つまり己を超えて逝くんだぜ Rock 'n' Roll

打ちのめされたって
立ち上がって生きるのさ!
つまり己を超えて逝くんだぜ Rock 'n' Roll

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

清木場俊介の人気歌詞

JIM ROCKの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

どんなに君が変わっても僕がどんなふうに変わっても明日が来る君に会うため

BiSH

あんなことこんなことありました君の笑顔が輝いてまし...

BLUE DAISY

IVVY

話し始めよう これは僕らの短くとも濃いSTORY眠...

Escape

FANTASTICS from EXILE TRIBE

初めてあなたを見た瞬間戻れない恋におちた僕は騙...

ROUTE 16

FUNKY MONKEY BΛBY'S

週末乗るレンジローバーじゃなく中古の軽自動車バイト...

少年

LAST FIRST

少年よ 笑ってるか?夢を追ってるかい?古い...

Fiore

Rocket Punch

気づいて この香りに もっと遠くで立ってないで H...

The Last Journey ~47の扉~

DEEN

交差点の向こう側に佇む青年30年前の自分と重な...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net