松原健之 金木犀の雨 歌詞

松原健之の「金木犀の雨」歌詞ページ。
「金木犀の雨」は、作詞:石原信一、作曲:幸耕平です。

「金木犀の雨」歌詞

歌:松原健之

作詞:石原信一

作曲:幸耕平

秋の夕暮れ ほのかに香り
君の涙を 連れて来る
あの日電車に 乗り込む僕が
帰らないこと なぜか君は知ってた
雨に打たれて 金木犀が
駅を黄色に 染めていた
わずかな雨に 花散るなんて
青春だねと 君が泣いてた

若い季節は おどけてばかり
明日が来るのに 目を背け
リンゴ二つと 薄い毛布で
二人暮らして 行けるそんな気がした
雨に打たれて 金木犀が
今もはかなく 匂い立つ
か細い肩に 降りそそぐ花
そのまま抱いて いればよかった

雨に打たれて 金木犀が
遠い記憶を 染め上げる
わずかな雨に 花散るなんて
青春だねと 君が泣いてた

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Magic Touch

King & Prince

What what what you lookin' ...

愛しい人

SUPER BEAVER

ぱっと一言じゃ 言い表せないのが 愛だ一体あな...

Be with the world

Photon Maiden

Now I understand my calling...

三大欲求

Non Stop Rabbit

三大の欲求も敵わないほどに心底欲しい夢があるんだ...

スマイルフラワー

B.O.L.T

Anytimeどんなときもスマイル笑顔で世界に...

おもいでしりとり

DIALOGUE+

星に願いを できるだけ愛を おもいでしりとり言葉を...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net