いきものがかり 夏色惑星 歌詞

いきものがかりの「夏色惑星」歌詞ページ。
「夏色惑星」は、作詞:山下穂尊、作曲:山下穂尊です。

「夏色惑星」歌詞

歌:いきものがかり

作詞:山下穂尊

作曲:山下穂尊

目を覚ました太陽が 私たちを空の下連れ出した
乾ききった答えなら 破り捨ててまた別の夢を見る

砂に書いた二つの文字 少し照れて波が消した
触れて握る人差し指 夏の始まりを示してる

※風を背負って 波間を掻いて 私たちは今飛び出すよ
有り触れた答えだけじゃ何も変わらないでしょ?
今を描いて 明日を蹴って 太陽にその手をかざせば
見えないはずの未来も少しだけど顔を見せるよ※

立ち止まった砂の上 君の笑う横顔を覗き込む

遠く見えた君の隣 今はあたしの宝物
君に見せた秘密の文字 恋の始まりを感じてる

その手をとって 空を仰いで 二人の足跡を残すよ
夏に盗まれた恋が一つのカタチなんでしょ?
ただ寄り添って 二人笑って 火照ったその頬を冷ませば
出逢えた夏の世界の扉がいつの間にか開くよ

揺れて見えた二つの影 夕暮れを背に重なった
キラリ光る一番星 そんな二人を見守ってる

(※くり返し)

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

いきものがかりの人気歌詞

夏色惑星の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net