いきものがかり わたしが蜉蝣 歌詞

いきものがかりの「わたしが蜉蝣」歌詞ページ。
「わたしが蜉蝣」は、作詞:山下穂尊、作曲:山下穂尊です。

「わたしが蜉蝣」歌詞

歌:いきものがかり

作詞:山下穂尊

作曲:山下穂尊

ふと目覚め何かにまた怯えて 過ぎ去って行った幾重の過去たち
答えなど分かってるつもりでも 冷めきったような孤独の人たち
ルルル
暗闇と明るさとの会話に戸惑っていったわたしが蜉蝣
息もせず水の流れを漂う 淀みがかった愛の流れに寄り添う

気がついた時には大人になってて 夢見ていた空がただ眩しくて

わたしが失ったものたちをただ見下ろして 背中に背負った翼で
一度風を受ける
水辺に残したままの夢のその塊は 太陽と共に爆ぜてそしてまた夢を見る
ルルル

空回り現実を繰り返し 薄汚れていった靴底を蹴れば
鈍いほど痛みは広がってて 霞みがかった空のはざまを羽ばたく

弾かれた指先 外れと願えど 放たれた扉はただ重たくて

わたしから育ったものだけをまた抱きしめて どこにも行かないように
この手握りしめる
子供の頃の記憶がふわりと蘇り 恐れを知らぬ強さを少しは懐かしむ

いつか憧れた陽の光 それは眩いほど綺麗で
たどり着けるはずもないくせに 心の中に宿る

わたしが失ったものたちをただ見下ろして 背中に背負った翼で
一度風を受ける
水辺に残したままの夢のその塊は 太陽と共に爆ぜてそしてまた夢を見る

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

いきものがかりの人気歌詞

人気の新着歌詞

Clear Morning

小倉唯

光る画面 (Tap Tap) 流れてゆく (Tic T...

春めく坂道

転校少女*

花びらが揺れる どこかでもう咲いてる?見ないふりし...

希望前線

ドラマストア

生まれ変われるなら 何になりたいんだろうこのままで...

One Last Kiss

宇多田ヒカル

初めてのルーブルはなんてことはなかったわ私だけ...

紫の夜を越えて

スピッツ

君が話してた美しい惑星はこの頃僕もイメージできるの...

10月無口な君を忘れる

あたらよ

「おはよ。朝だよ。朝っていうかもう昼だけど。私もう...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net