GRANRODEO 冷めゆく熱 歌詞

GRANRODEOの「冷めゆく熱」歌詞ページ。
「冷めゆく熱」は、作詞:谷山紀章、作曲:飯塚昌明です。

「冷めゆく熱」歌詞

歌:GRANRODEO

作詞:谷山紀章

作曲:飯塚昌明

ありのままの世界を憂う手の冷たさは
苦笑いの温もりと秤にかけて整った

君が笑い僕に触れ明日を知らず止めた指
青空に見た祈りと覆い隠すような願いと

帰る場所など既に失くしているのはもう知ってるんだって
いつも何度繰り返しただろう
掴んだと思えた確信も泡か骨かのように消えてった
痛みを覚えた

戸惑いつつ降る雨を見る君の目に戸惑う
どんな言葉や涙も当てにならない未来さ

掴む腕 残る傷 噛み締めた肩の味
死ぬまで慈しむだけ 生きながら爛れるだけ

嘘と誠の是非を分かって それがどうしたんだと悟って
そうさいたって当たり前の事だろう
水がただ流れ落ちるように何も情緒抱いちゃいないさ
目を閉じるよ

帰る場所など既に失くしているのはもう知ってるんだって
いつも何度繰り返しただろう
掴んだと思えた確信も泡か骨かのように消えて

偶然を重ね巡り逢って必然のように去っていった
そうさいたって当たり前の事だろう
雑念と戯れるようになって受け入れた恍惚の美談が
僕を汚すよ
痛みは忘れた

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net